改装のため高橋菓子店が77年の歴史に幕!

通福生(みちふさ)通算4号

昭和の佇まい、ついに見納め

杉並区は松庵にある高橋菓子店。

実は店長広川の同級生のご実家です。

和菓子はもちろん、

古き良き昭和の佇まいのままに

駄菓子やおもちゃが置いてあります。

たびたびメディアに取り上げられるくらい

風情あるお店だったのですが、

今回耐震対策のため、

改装することになったようです。

 

あの佇まいが好きで訪れるお客様も

少なくなかったはず。

とても残念ですが、

建物の耐震性には代えられません。

最後に撮影でき良かったです。

次はエム島さんの寄稿です。

 

踏切に引っかかると幸せになる

写真:友人Y田君撮影1994~1995年

私は20年前ぐらいに

コチラに引っ越してきた。

以前、住んでいた場所は

私鉄沿線ターミナル駅で

5分に一本の電車は常時くる場所であった。

この八高線に出会ったとき、

冷房はなく扇風機、ディーゼルエンジン、

扉が手動、2両編成なのにトイレ付

…ずいぶんと驚かされたものだった。

コチラの友人は口を揃えて言う。

「八高線の踏切に引っかかると幸福になれる」

こんな伝説がこの沿線の一部では

有名だったのだ。

本数が少ないから、踏切に引っかからない。

ただそれだけなのだが…

昨今のスピード社会において、

踏切でイライラする人も多いかもしれない。

私は、この八高線の踏切に引っかかるとき

彼らの言葉を思い出す。

「踏切に引っかかると幸せになる」

そんな余裕を持った

八高線の踏切と電化にはない

雨にも風にも負けず停電でも走った、

この車両の力強さを身につけ

前進していきたい。(エム島)

何だか八高線て素敵ですね!

エム島さん寄稿大感謝です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA